美容皮膚科の重要な内容

韓国では、美容外科の年間患者数の3分の2が夏休みと冬休みに集中するといわれている。
大学進学や就職祝いの品がわりに、美容外科でまぶたを二重にするプチ整形、顎をけずる整形などをする。


夏休みと冬休みに患者が多いのは、休み中に整形を終わらせ、新学期に向けて新たなスタートを切るためだろう。

日本でも、美容外科手術をする人はいるが、あまり公表はしない。

韓国は整形したことをかなり公にする。

その違いは整形したというプロセスが努力として認められ、整形できれいになったのだから成果が出ているということを重視するからであろう。日本人は後ろめたい人が多いと思うが、韓国はむしろ自分が整形したことを公表したりする。


このように、整形した者同士または友達などで、情報を共有するために、美容外科整形の専門医の噂が流れ、それによって繁盛したりつぶれたりするらしい。日本では美容外科医はひっそりとたたずんでいるイメージがあるが、韓国では美容外科通りなるものがあり、そこにはたくさんの美容外科が軒を連ねており、日本のそれとはだいぶ違うものである。
ただ、韓国は失敗が多いらしく、ここはよくないから別の場所がいいとか、ここは最悪だったとか、日本人もお客として来ているからとても安心できるなど、たくさんのクチコミが出回っていて、ある意味いろいろ考えなければいけない。

最新の情報で美容皮膚科の専門サイトのココです。

整形の噂はすぐに広まるので、夏休みや冬休みに整形しても、学校にいけばすぐに歓声が上がり、どこをやったのとかいくらかかったのとか、しまいにはうらやましいわ、そこよかったら紹介してよなど、一人の整形美人を囲んでしばらく話すのである。


女の人だけではなく、男子学生までも彼女のことを話題にして、本当にきれいになったよなとつぶやき、だれも彼女に後ろ指をさすことはないという。韓国では金額が安いのもあり、高校生などが受けることが多い。

日本とは違うところが多々あるが、美容外科手術をするなら韓国はいいだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!
mouseover